Now Loading...
新世紀陰陽伝セルガイア

第十五話~真夜中の廃墟~

前回のおさらい

キリヤ達に無理やり肝試しに連れてこられたエンとスズネ。深夜、心霊スポットの廃墟をうろつく一同…。散策をするうちに、エンはこの場所の曰く因縁に気が付き始めていた…。

第十五話~真夜中の廃墟~

現場を歩くうちに、エンはその壁面に描かれた落書きを見ると、ふとあることに気が付いた。
そして、そこから感じ取った不穏な状況を一同に説明し始めた…。

エン 「みんな…。ここ相当ヤバイかもしれない…。」
キリヤ 「おい…どういうことだよ…。」
エン 「うん、ここのラクガキ…ちょっと見てみてよ!」
一同 「??」

エンに言われた通り、辺りのラクガキに目をやる一同・・。

エン 「気が付かない?全部同じことが書いてあるでしょ?」

その通りだった。
辺り一面無数に描かれたラクガキは全て『OEI』という3文字のアルファベットが刻まれていた…。

エイト 「オーイーアイ…。オエイ…?」
エン 「そう!オエイ!!それで僕思い出したんだ!この本に書かれた同じ文字を!」
一同 「!?」

エンが手にしたその本は、愛読書のオカルト雑誌“月刊オカルティカ”であった。
エンはかつてその本の中で、同じ記号を見た記憶があったのだ。

エン 「あのね、この本によるとこの工場当時相当儲かってたらしいんだけど、工場内で自殺者が出てから急に経営難になっちゃったんだって。」
スズネ「そ…そうなのですか…?」
エン 「で、工場がつぶれた今、その自殺者の霊が人間を取り殺す最恐の心霊スポットになっちゃったんだって!!」
ベイタ 「で…でもそのローマ字と一体何の関係が…?」
エン 「うん…その自殺した人の名前が…尾栄さんて言うんだ…。」
キリヤ「オーイー…尾栄!!」
一同「!!!!!」

すると突然!!
エンが手にしていた懐中電灯が、プッツリとその灯を消してしまった!

エン 「え!?ちょっと!!なにこれ!!??」

エンは手にした懐中電灯をブルブル振るってみた!
しかし、いくらやっても明かりが灯らない!

その時だった!!

ギュィィイイイイイイン!!
ガコン!!
ガコン!!!ガコン!!!

なんと突然、壊れていたはずの巨大な機械たちがケタタマしい音を上げ、一斉に動き出したではないか!!!!!

一同「うわぁぁぁぁあああああ!!!!!!!!!」

一同は突然の事に驚き、無我夢中でその場から逃げ出した!!!

・・・・・
・・・
・・

◆工場内のどこか

はぁ…はぁ…

一同が辿り着いた場所は、先ほどよりもかなり狭い部屋だった。

スズネ 「はぁ…はぁ…先ほどのは、いったい何なのです!?どうして機械が!?」
ベイタ 「はぁ…はぁ…アニキさん…やっぱりここ、マズいんじゃ…?」
キリヤ 「う…うるせぇ…。」

息を切らしながら一同は、再び手にした懐中電灯のスイッチを入れてみる…。
すると…それはようやく再び辺りを照らし出した。
そして、辺りを見渡す一同は驚愕した!

一同「こ!ここは!」

そこは、目的地であるトイレだった。
一同はまるで誘い込まれるかのようにこの場所へ辿り着いていたのである。

エイト 「キリヤ…来ちまったな…。」
キリヤ 「…あぁ…。」

動揺しながらも、落ち着きを取り戻そうと必死になる一同に、再び悪夢が襲い掛かる!!

ジャァァァアアアアア!!!

一同「うわぁぁあっつ!!」

突然、トイレの一番奥の流しの蛇口から、水があふれ出したではないか!!

キリヤ 「ぉ、おいお前!!と、止めてこい!!」
ベイタ 「えっ!?なんで俺が!?」
キリヤ 「いいから行って来い!!」
ベイタ 「はぃぃっつ!」

嫌々ながらもキリヤに逆らえないキイチ。
彼は重い足取りを進め、一番奥の手洗いの前にやって来た。

ベイタ 「もぅ…なんで俺が…。」

そしてボヤキながらキイチは蛇口に手を伸ばした…。

ベイタ 「うぅーーーん・・・。」

しかし、彼の身長では蛇口に手が届かなかった。

キリヤ 「おい!!早く!!」
ベイタ 「ややってますよ~。」

尚も蛇口から勢いよくあふれ出す水。
気のせいかその音が徐々に大きくなっていき、なんとその場にいる全員の脳にまで響くような轟音となっていった!

キリヤ 「おい!は…早く…!」
ベイタ 「は…ぃぃいいいい!!!」

そう言うとベイタは洗面台の上によじ登り、とうとうその蛇口を手に取りひねった!

ベイタ「やった!!」

見事、流れ出る水を食い止めた…。
安堵したベイタは何気なく、目の前の鏡に目をやった。
すると突然!!
ベイタ 「ぎゃぁぁぁぁぁあああああ!!!!!!!!」
一同  「ベイタっ!!!」

なんと、ベイタの体は瞬く間の内に鏡の中へと吸い込まれてしまったではないか!!

エン  「キリヤ!!時計!!」
キリヤ  「!?」

エンの叫びに促され腕時計に目をやると、キリヤは驚愕した!

キリヤ  「深夜・・・2時!!うわぁぁぁぁぁああ!!」

薄情な男である…。なんとキリヤは一人その場を逃げ出そうと、トイレの出口に向かって駆け出した!
…ところがだった。出口の扉は固く閉ざされビクとも動かない!!
一同は慌てふためいた!!

その中で、勇気を振り絞る者がいた。

スズネ 「…一人で逃げようとするなんて最低です!!」

スズネは恐れおののき動けなくなったキリヤを一喝すると、なんと突然あの鏡に向かって走り出した!!

エン  「夜野さん!!!」
スズネ 「ベイタ君!!今、助けます!!」
エイト 「スズネーーーーー!!!!」

しかし、二人の制止も空しくスズネは走って行き…なんとキイチと同じく鏡の中へと吸い込まれてしまった!!

エン  「しまった!!」

そしてそれを皮切りに、鏡は残る一同を吸い込み始めたではないか…!

一同 「うわぁっ!」

凄まじい風が吹き、鏡が一同の体を引き寄せる!
歯を食いしばりながら、縁などに必死にしがみつくエイトとキリヤ…。
ところが不思議なことに、エンだけは全く鏡に引き寄せられることはなかった…。

唯一自由に動けるエンは、キリヤ達の体を必死に引っ張り、鏡の中へと吸い込まれるのを阻止すべく全身に力を込めていた!
しかし、その力も限界に近づいてきたその時…!

エイト 「く、くそ…エン!何が『僕が守る』だ!」
キリヤ 「…う、うわぁぁぁあああああ!!!」

とうとう、エイトもキリヤも鏡の中へと吸い込まれてしまった!!

エン  「くそ!みんな!!今助けるから!!!」

そう言うとエンは、リュックの中から陣羽織を取り出し身にまとう!!

『開っ眼っつ!!!!』

エンはセルガイアを覚醒させ、4人が吸い込まれた鏡の前へと走った!!

エン 「よ~しっ!!」

そして大きく息を吸い込むと、鏡に向かって一気に飛び込んだ!!

・・・しかし!!

ゴチーーーーン!!

エン  「!?」

なんとエンは鏡の中へは入れず、凄まじい勢いで頭をぶつけてしまったのだ!

エン  「くそぉ…魔物を倒せる僕は中へ入れないつもりか…。」

頭をさすっていたその手をどけて、エンは再びその鏡に目をやった。
するとそこには、反転した世界から抜け出せなくなった4人が、ドンドンと鏡を叩き助けを求めている!!

エン  「くっそ!!どうすれば!?」

対処法が分からず、エンも4人と同じように鏡をドンドン叩き始めた!

するとその時!!

ギャォォッツ!!

エン「うわぁっつ!!」

ついに鏡の中に、尾栄と思わしき物体が現れた!!
しかしそれはすでに悪霊ではなく、長い年月を経て魔物へと変貌を遂げていた!

エン 「や・・やめろっつ!」

魔物は鏡の中から青白い片腕をつき出しエンの首を掴むと、凄まじい力で握りしめ始めた!!

エン 「く・・そぉおっつ・・・。」

エンは徐々に遠くなる意識の中で渾身の力を籠め、手にした刀で魔物の腕を斬り付けた!!

グギャオォッツ!!!

エン 「やった!!」

何とか魔物の束縛から逃れたエンだったが、やはり対処法が思いつかない…!!

エン 「(くそ…このままじゃみんなを助けられない…。やっぱり…僕一人の力じゃ無理なのか…?)」

一瞬心に淀みを見せるエン…。
そこへ魔物が再び鏡の中から現れた!!

ギャァァアオ!!
エン 「うわぁっつ!!」

魔物はエンの体を鋭いカギ爪で斬りつけた!!

エン 「くそっつ!!」

瞬時にエンも手にした刀で斬りかかり応戦する!!

エン 「やぁあっつ!!」
ギャァァアオ!!

ところが魔物はエンの攻撃をかわすと、再び鏡の中へと消えて行ってしまったではないか!!

エン 「くそっ!!これじゃぁまともに攻撃できない!!」

エンは再び落胆する!

しかし、エンが膝をついている間にも、鏡の中の魔物は4人を取り殺そうとにじり寄っている!!

エン 「くっそぉおおおおお!!!」

エンはやり場のない気持ちをぶつける様に手にした神器を振るうと、予期せず4人達の映る鏡を叩き割ってしまった!

ギャァァアオ!!

するとどうしたことか、魔物はその身を隣の鏡へと移動した!!

エン 「そうだ!鏡を壊せばアイツは僕への攻撃手段を失う…!4人の傍から魔物を遠ざけながらこの工場内の鏡を壊して行けばきっといつか…!」

魔物の動きから名案を思い付いたエンであったが、その思惑は自問によりすぐさま覆った。

エン 「いやだめだ・・そうなるとみんなを鏡の世界から助け出せない!!…くそ…どうすれば!!??」

そんなエンの脳裏に、彼を嘲笑うハヤトの顔が…あの世で応援してくれているであろうマイトの顔が…助けを求めるスズネ達の顔が過った…。

エン 「くそ・・・・くそぉぉおおお!!!!」

渾身の力を込めて鏡を叩き割ろうとしたその時!!

ギャァァアオ!!
エン 「!?」

何と魔物はその気迫に恐れおののいたのか、トイレ内にある鏡の中から姿を消してしまった!

エン 「何だ!?」

しかし、魔物の放つ邪気は消えてはいなかった…。
エンはその気を追いかけトイレを後にした…。

◆工場内 ロッカールーム

魔物の邪気を追い辿り着いたのは、当時従業員が使用していたであろうロッカールームであった。
部屋は広く、かなりの数のロッカーが据え付けられている…。

エン 「くそ…どこにいるんだ?」

探索するエン…。
魔物は姿を現さないが、確実にこの部屋から強い邪気を放っている…。
しかもこの部屋、辺りの壁面が全て鏡張りになっている…。
魔物にとっては格好の餌場といったところだろう…。

しかし、エンはあえてこの場所で魔物と交戦しようと身構えた。

エン 「ここでなら!思う存分戦える!!!さぁ…出て来いっつ!!」
エンがそう叫んだその時だった!!

ギャァァアオ!!

エン「!!」

遂に魔物はその全身を鏡の中から出現させた!!

グルルルル・・・・

それはまるで足の長い“ユウレイグモ”を彷彿そさせる体付きであった。
頭上高くから4本の巨大な手腕を地面に突き立て、それが生えている中心部からはまるで首を吊った死体のような物体が垂れ下がっていた…。

エン 「出たなっ!!みんなを返せ!!」

グルルルル・・・・
ギャァァアオ!!

エン 「うわぁっつ!」

しかし、啖呵を切るエンに一撃くらわせると魔物は再び鏡の中へ戻ってしまった!

エン 「くそっつ!!」

とうとう負傷するエン。
しかし、「いつか奴の気を逸らせ、こちらの攻撃を喰らわせる!」という意気込みで、何処からか再び現れるであろう魔物の気配を追いながら、ロッカルーム内をジリジリと歩き始めた…。

ヒタ・・・ヒタ・・・

グルルルルル・・・

エン 「(どこだ…どこにいる…)」

気配を殺しながら魔物の気配を追うエン・・・

グルルルルル・・・

確実に奴の気配が迫っている・・・。

エン 「(くそ…どこなんだ…
?)」

立ち並ぶロッカーの合間を潜り抜け・・エンは奴を追う・・・。

するとその時だった!!

グルルルルル・・・
ギャァァアオ!!
エン 「うわぁっつ!」

なんとヤツはロッカーの扉を開けると、中に備えられた鏡を利用してエンに攻撃してきたのである!!

エン 「イテェっ!!」

しかし、エンが神器を振るう隙もなく、魔物はすぐさま鏡越しに消えてしまう・・。

エン 「・・・はぁ・・・はぁ・・・。」

かなりの痛手を負ってしまった…。
纏った陣羽織の効力で傷の治りは早いのだが、それでもかなりのダメージだった。

エン「くそ…どうすれば…。」

この日、エンは絶体絶命のピンチを迎えていた…。
それでも、折れかけた心からありったけの気力を振り絞り魔物を捉えようと歩みを進めた。

エン 「(絶対に…倒す…絶対に…助ける…)」

途切れ途切れの呼吸の合間に己を鼓舞するセリフを織り交ぜまながら、エンは再び魔物の気配を追った…。
そして彼は、部屋の一番端のロッカーが立ち並ぶ一角へとやって来たのだった。

エン 「はぁ…はぁ…」

ポタポタト滴を落とす自らの血の音と、魔物の呼吸だけが辺りに響いている…。

エンは朦朧とする足取りで、立ち並ぶロッカーの群れを通り過ぎて行くのだった…。

つづく!