Now Loading...
新世紀陰陽伝セルガイア

NEW 第十話~異次元の穴~

前回のおさらい

壺の呪いを解くために、その呪いにかかった煎餅屋の後継ぎ“元太”の悩みを解消しようと奮闘するエン。彼は元太に昔の味を思い出してもらおうと、その味に似た“煎餅”を元太に食べさせた。しかしそれは、ナイトメアバスターズによって“記憶を消す”呪いの掛けられた煎餅だった。
ところが“煎餅の美味しさ”が呪いの効果に打ち勝ち、元太は記憶の全消去を免れたのであった。奇しくも毎回トラブルを引き寄せるエンだが、それでも必ず事件を解決する・・・。バンにはそれが、“未来の力”になると思えていた・・・。

第十話~異次元の穴~

◆山梨県 旧道坂トンネル

この日、静まりかえった夜の山に、けたたましい爆音が鳴り響いた・・・。
・・ある男が、コンクリートによって封鎖されたトンネルの入り口を爆薬により破壊したのである・・・。

???「ふふっ・・・これでいい・・・。」

事を終えた男はトンネルに背を向けると、ニヤリと口の端を傾けながらその場を後にした。
男の首筋には“赤い傷”があった・・・。

◆山梨県 道志道 某所

ブロロロロロ・・・・

その日、スズネは車に揺られながらある場所に向かっていた・・。
ゴールデンウィークの休暇を利用し、家の使いで親戚への挨拶に出かけていたのである。

スズネ 「京介さん・・・まだ着かないのでしょうか・・?」
運転手 「おかしいですね・・・そろそろの筈なのですが・・・。」
この運転手の名は“土御門京介”。スズネの召使いである。
まだ20代という若さだが、能力を買われ夜野の住む渡良瀬ノ宮に勤めている。
そしてこの日も令嬢であるスズネをエスコートするため、ドライバーとして現地へ向かっていた・・。
ところがどうしたことだろう、ナビゲーション通りに現地に向かっているのだが一向に辿り着かない・・・。
辺りも夜の闇に覆われ初め、二人には若干の焦りが見え始めていた・・・。

スズネ「…。そろそろ着いてもいいころ合いの筈ですが…。でも、お婆様たちもあまりにも過保護ではありませんか…?今日もわざわざ京介さんに車を出して頂かなくても一人で…。」
京介 「お嬢様。それはいけません。」
スズネ「どうしてなんです…!?私もう中学2年生です!そろそろお使いも一人で行けると思います…。」
京介 「いけません。あなたは夜野家にとって大切な御人…。私めが必ずお守り致します…。」
スズネ「…守る守るって…いったい何からなのですか…」
京介 「あらゆる事からでございます…。」
スズネ「・・・・。」
京介 「・・・・。」

スズネは由緒正しき一族の娘である。
その身が丁重に扱われるのは当然の事。
普段は学校の送り迎えも、召使いである京介が務めていた・・。
将来の安定を約束され、その身を丁重に扱われる・・・。
誰もが羨むであろうその家柄だが、近頃スズネはほんの少し不満を抱き始めていた・・。
行動の全てを制限され、自らの意志でその“生き方”を決めることのできない人生・・。
スズネはまるで籠の中の鳥のような気持ちであった・・・。

さて、こうして車中での会話が途切れた頃、スズネは“ある事”に気が付いた・・・。

スズネ「あの…京介さん…」
京介 「はい、どうしました…?」
スズネ「このトンネル…先ほども通った気がするのですが…。」
京介 「…やはり…お気づきになられましたか…。」

おかしなことに、二人の乗る車は幾度も同じトンネルを通っているようだった。
京介は暫く前からその事に気が付いていたのだが、『ここは田舎の山道、似たような景色が多いのだ』と自分に言い聞かせ気を落ち着かせていた。
しかしスズネにその事を指摘され京介は確信した・・。
やはり・・“何度も”同じトンネルを通っている・・・。
だがおかしい…。目的地への道のりはこれで正しいはずだった。
疑問に思いながらも京介は更に車を走らせ…再びトンネルを抜け出した…。

ところがそれから間もなくの事だった。

スズネ「京介さん!!」
京介 「!?」

キキーーーッツ!!!

咄嗟に急ブレーキを踏む鉄朗!
そして、二人は目の前の光景に驚愕した!
何度も通り過ぎたであろうあのトンネルが、またしてもその口を大きくあけながらんでいたのである!!

スズネ「・・・京介さん・・やはりこのトンネル・・・先ほども通っております!!」
京介 「ええ・・・信じがたいですが・・どうやらそのようですね・・。」
スズネ「どういうことなのでしょう・・・。」
京介 「・・・申し訳ございません・・恐らく道を間違えたのでしょう…。すぐに引き返しますので…。」

スズネを怖がらせぬように平静を装う京介であったが、この状況がおかしいことは明らかだった。
しかし夜の闇は更に深くなり、到着予定時刻を遥かに過ぎている…。
一刻も早くスズネを現地に送り届けなければならない・・・。
京介は召使いとして臆することなく辺りを見渡すと、別の道がないか探った。
すると…、程なくしてトンネルの左側に、別の道が続いているのを発見した。

京介「お嬢様…どうやら私の不手際でございました。申し訳ございませんこちらにも道がございました…。」
スズネ「さ、さようにございますね…。」

京介は再び車を走らせると、トンネルの脇道から続く坂を登り、トンネルの上へと続く道へと入って行った。

京介「やはり・・・この道は見覚えがありませんね。ここを行けば大丈夫でしょう。」

道に見覚えがないことに安心感を覚えるのは、通常ならばおかしなことであろう・・。
しかしこの状況・・・。繰り返し通るトンネルからようやく脱し、二人は安堵した…。

それから暫くすると2人の目の前に再びトンネルが現れた・・。
それは先ほど通ったトンネルとは明らかに違うものだった。

外壁は苔むし、天井からは染み出た水分がしたたり落ちている・・・。
電灯も付いてはいない・・・。
その光景の全てが、かなり昔に作られたトンネルだということを物語っていた。
そのトンネルの不気味さに、思わずアクセルを緩める京介…。

車はゆっくりとトンネルに近づいていき、ライトが行く先を照らす…。
しかし、出口が見えず吸い込まれそうな感覚すらある・・・。

スズネ「本当にこの道でよろしいのでしょうか…。」
京介 「・・・大丈夫です・・・しっかり目的地の方角に向かっておりますので。」

今まで平静を保っていた京介も、この光景にはさすがに不安を覚えていた…。
しかしカーナビの指し示す方角には間違いなく目的地がある・・。
京介は再びアクセルを踏み込むと、ヘッドライトの明かりだけを頼りに、漆黒の闇へと入って行くのだった…。

◆数日後・陰陽庵

エン「大変ですーーーーーーーーー!!!!」
ハヤト「エン!?」
バン「どうした!?」

その日、エンはナイトメアバスターズに会うため陰陽庵へと訪れた。
ハヤトへのわだかまりの感情もそっちのけで、二人に向かって叫んだのだ!

エン「夜野さんが!夜野さんが行方不明なんです!!」
2人「!?」

ゴールデンウィークが終わり、久しぶりに学校へと赴いたエンは、担任からスズネが失踪したという事を聞いていた。
その理由が何であるかは分からなかったが、ナイトメアバスターズであれば何らかの方法で探し出してくれるのではないかと思い立った。
だからこそエンは2人を頼ろうと、陰陽庵へ駆け付けたのだった。
エンは二人に詳しく内容を話して聞かせた…。

バン 「・・・なるほどな・・・。」
エン 「あの…ハヤトさん、確か“千里眼”が使えるんですよね?」
ハヤト「お前!なんでそんな事知ってる!?」
エン 「だって!ナイバスの大ファンですから!!」
ハヤト「…そうだったな…。」

“千里眼”・・・。
それは、その場に居ながらにして千里先をも見通せると言われる超能力。
ハヤトはもともとセルガイアの能力とは別に、この千里眼の力を持つ人物だった。
エンはその事実を知っていたからこそ、ハヤトを頼ろうと考えたのだった。
しかし・・・

ハヤト「悪いなエン・・・力を貸してやりたいのはやまやまだが、人探しは専門外だ。」
エン 「そんな!?人が行方不明になってるって言うのに放っておくんですか!?」
ハヤト「・・・そう言うと思った。でもな、全国で行方不明者は他にもたくさん居る。
そしてそれと同じぐらい、“俺たち”じゃなきゃ解決できない問題が山ほどある・・・。冷たいようだが今回は先に警察を頼った方が無難だろう。」

ハヤトの言葉に、エンはショックを受けていた。
言うことは確かに最もだと思ったが、憧れのヒーローがまさか人助けを拒否するとは思っていなかったからだ…。

エン「ですけど、きっとハヤトさんなら直ぐに見つけてくれると思ったから駆け込んだんですよ!?」
ハヤト「…。」
バン「エン…悪いな…コイツ昔から頑固でよぉ。霊現象や魔物に関する事件がいつ飛び込んでくるか分からないから…そっちが優先なんだと。」
ハヤト「……。」
エン「そんな…。ほんの少しでいいんです!時間と、その力を貸してくれませんか!?」

しかしそれにも関わらず、ハヤトはエンの訴えを拒否したのだった・・・。

 由緒正しい寺の跡取りとして生まれたハヤトは、昔から人の生き死にに敏感だった。
そんなハヤトにとって、意思なく人を取り殺しその魂を喰らうだけの魔物という存在は許すまじきもの・・・。まして、エンが現れる以前は、自分以外に魔物を倒せるものなど存在していなかった。ハヤトは『退魔の専門家』として常に、魔物に関する事件を優先させることに徹底してきたのだった。

 しかし、月刊オカルティカの情報には載っていない内情までは知らないエンにとって、この時のハヤトはあまりにも冷たく見えた…。

エン 「ハヤトさん…。見損ないました!!ハヤトさんは困っている人を助けるヒーローじゃなかったんですか!?」
ハヤト 「それは…お前が勝手にそう思ってるだけだろ。」
エン  「そんな…。」
ハヤト 「ま、『押してもだめなら引いてみろ』ってよく言うだろ。今回は俺を説得するより、早く警察に行くべきだと思うけどな。」
エン「もぉ~…。」

不貞腐れるエン…。

その時だった!

ウィーンウィーン・・・・

バンの携帯が鳴った!
強い邪気の反応である。

バン 「ハヤト!!邪気だ!!」
ハヤト「ほら見ろエン!最近多いんだよ!で場所は!?」
バン 「山梨県・・道志村近辺のトンネルだ。」
エン 「えっ!?」
バン 「どうしたエン!?」
エン 「道志村って、夜野さんが向かってた場所です!!」
ナイバス「何だって!?」

それを聞いたバスターズは血相を変えた。
二つの件には何らかの繋がりがあると察したからである。

ハヤト「そうなれば話は別だ…。エン…ちょっとこの紙に、その子のフルネームを書いてくれ!」
エン 「は…はい!」

エンは言われた通り、紙にスズネの名を書いた。
するとハヤトはテーブルに置いてあった水晶玉を握りしめた後、片手でその紙に触れると意識を集中した・・・。
“千里眼”の力を使い、スズネの安否を確認しようと試みたのである。
ところが・・・

ハヤト「・・・・おかしい・・・」
エン 「どうしたんです!?見つかりました!?」
ハヤト「いや・・・確かに居場所は特定できるんだが・・・。」
エン 「なんなんです!?」
ハヤト「なぜか・・・姿が見えないんだ・・・。」
エン 「!?」

それが何を意味しているのか現段階では分からなかった・・・。
しかし、明らかにおかしな状況である。
ナイトメアバスターズ出動の時であった・・・。

ハヤト「よし、行くぞバン!!」
バン 「おう!!」
エン 「ち、ちょっと待って!僕も行きます!!」
ハヤト「は!?・・ダメだ!!お前が来ると毎回ろくなことにならないからな!!」
エン 「…そうかもしれませんが…。でも夜野さんは僕のクラスメイトなんです!!僕も行って助けたいんです!!」
バン 「はは~ん、さてはお前、その子が好きなんだな。」
エン 「そ、そそそ、そんな事ないです!!」
バン 「ははっ、分かりやすいな。」
ハヤト「・・・でもダメだ。お前はおとなしく待ってろ。」
エン 「そんなぁ・・・。」
バン 「いいじゃないかハヤト・・コイツなんだかんだ言って結局何度も事件を解決してるんだから。」
ハヤト「いいや!俺たちだけで十分だ!」
バン 「は~ぁ。頑固だなぁ。」
ハヤト「とにかくエン!お前はここに居ろ!俺たちが必ず助けて戻って来るから!」
エン 「…。分かりました…お願いします…。」

こうして不貞腐れるエンをしり目に、ナイトメアバスターズは現場へと向かうのだった。

◆ 現地・村役場
バスターズは村の役場へと訪れていた。
というのも、バンの携帯で確認されていた邪気の発生源“道坂トンネル”は、おかしなことにこの時一切邪気を放っていなかった。
おそらく“日中だから”であろうと踏んだ二人は、夜の帳が下りるその時刻まで現地での聞き込みを行っていた。

役人 「・・・確かに多いんですよね~。最近幽霊の出るトンネルがあるっていう噂を聞きつけて・・・道坂トンネルに来る人・・。」
バン 「そうでしたか・・・。」
役人 「まぁそのお蔭で道志村は最近繁盛してるから、私は大歓迎なんですがね・・。」
バン 「それは・・。よかったですね。」
役人 「ただねぇ・・・その付近で行方不明になる人が後を絶たなくて・・。」
バン 「やはり、そういう事件が起きてるんだな…。」
役人 「はい・・・最近あまりにも多いんで私はそれ、本当に“幽霊”のせいじゃないかって思ってるんですけどね・・・。」
ハヤト「・・・間違いないな・・・。」
役人 「・・・・え?」
ハヤト「・・俺たちはそれを退治しに来たんだ・・。」
役人 「何ですって!?」
ハヤト「俺たちは・・除霊屋だ…。この事件、陰で大きな闇が蠢いている…。」
役人 「そう・・なんですか!?」

そんな会話をしていると、奥から村長が現れた。

役人 「あ、村長。」
村長 「どうした?なにかあったのか?」
役人 「ああ、この人たち、行方不明になった方を捜しに聞き込みにいらしたんです。」
村長 「ほう、そうでしたか。・・・それでしたら今警察が懸命に捜索を行っております。お気持ちはありがたいですが、あの辺りは険しい山道で危険です。どうかこの場は、お引き取りください・・。」
ハヤト「いや・・そういう訳にはいかない・・。この事件、決して警察では解決できないだろうからな。」
村長 「なんだと!?・・何を言っている?」
役人 「実はこの人たち、除霊屋らしいんです。」
村長 「・・そ、そんな除霊・・・冗談でしょう??」
バン 「信じてもらえなくても仕方ない…。しかしこの失踪事件、裏で何らかの超常現象が起きていることは間違いない。」
村長 「!?」

村長は驚きを隠せなかった。
突然やって来た人物に、あまりにも現実離れしたことを語られたのだ、無理もない。
しかし・・・

役人 「村長、正直この人たちの話を聞いて、私は驚きませんでした・・・。」
村長 「なに!?」
役人 「この件あまりにも不可解な事が多すぎて、私は以前から思っていたんです。・・・人間には計り知れない何かが・・その・・あるんじゃないかって・・。」
村長 「何をバカな事を!」
役人 「しかし・・・あまりにおかしいと思いませんか??いなくなった人全員の痕跡が何も発見されていないんですよ?」
村長 「そ、そりゃ周りには深い森も広がっているからな・・捜索困難で見つかんのだろう・・?」
役人 「し、しかし・・・その全員があの道坂トンネル付近で消息を絶っているんです!おかしいと思いいませんか??やっぱり・・何かあるんですよ!!」
ハヤト「コイツ飲み込みが早くていいな。とにかく村長・・・こういう意見もあるぐらいだ。きちんと真相を確かめる必要があるんじゃないか?」
村長 「…。」
バン 「村長…。何か知っている情報はないだろうか・・・?」
村長 「そ・・・それは・・・。」
バン 「?…何か知っているんですね…?」
村長 「い、いやいや!とにかくこんな馬鹿げた話が広まっては困るからな・・・。よし!私も貴方たちに同行させてもらう。」
役人 「そ、村長!」
村長 「私が直々に、そんな馬鹿げたことはないと証明してくれる!!」
ハヤト「そうか・・・わかった・・・。」

こうしてその晩、バスターズと村長そして役人は道坂トンネルへと向かったのだった。

◆夜 道坂トンネル

ハヤト「・・・やっぱり、昼間と様子がまるで違うな・・・。」

確かに、現場には不穏な空気が漂っていた。

ハヤト 「よし・・このトンネル通ってみるか・・・。」

一行を乗せ、バンは車を走らせた。

ブロロロロ・・・・・

オレンジ色の光がチカチカと通り過ぎ、車は瞬く間の内にトンネルを抜けた・・。
・・・ところが予想とは裏腹に、おかしなことに何も起こらなかった・・・。

ハヤト「おかしい・・・確かに邪気を感じるんだが・・・。」
村長 「だから言ったではないか!そんな馬鹿な話はないと!」
ハヤト「バン、もう一度頼む。」
バン 「了解。」

言われた通り、再び元来た道を引き返す一向・・・。
しかし、やはり何も起こることはなかった・・・。

ハヤト「なぜだ!?探知機はしっかりこのトンネルを指示してるんだろ!?」
バン 「あぁ・・間違いない・・。」
村長 「何が探知機だ・・・私はもう帰るぞ!」

村長がそう言い放った時だった。

バン 「ハヤト・・・あれ・・。」
ハヤト「ん?」

2人はトンネル入り口脇に、道の存在を発見した・・。

バン 「村長さん・・あの道は?」
村長 「あぁ・・あれはこのトンネルの上にある旧道坂トンネルに通ずる道ですよ。しかし、今トンネルの入り口はコンクリートで封鎖している・・・。誰もそんな所に行く者なんていやしない。」
ハヤト「なるほどな・・・探知機は間違ってなかった。」
バン 「ああ、恐らく現場は“この上”だったんだ・・。」
村長 「!?」

一行は再び車を走らせると、トンネルの脇道を登って行った。

◆旧道坂トンネル 

暗闇の中、ウネウネと続く道を辿って行くと・・・ついに旧トンネルの入り口が見えてきた。
その時だった!

村長 「こ、これはっ!?」

村長は驚愕した!!

村長 「コンクリートが・・崩れている・・・。」
ハヤト「何だって!?」
バン 「いったい・・誰が!?」
村長 「いや・・・心当たりは・・ない・・。」
ハヤト「そうか・・・しかし間違いないな・・・このコンクリートが崩れたからこそ、何かの封印が解けた…そして事件が起きたんだな…。」
村長 「そんな馬鹿な・・・。」

トンネルの入り口で、三人は車から降りた。
ハヤトとバン、そして村長は真相を確かめるため、トンネル内部へと向かい歩み始めた・・。
ところが、役人が付いて来ない。
何かあったのかと振り返ると。
ガタガタと足を振るわせ、彼はその場で凍り付いていた。

ハヤト「…どうした。」
役人 「す・・すいません・・・私・・・ある事を思い出したんです。」
バン 「ある事?」
役人 「はい・・・・私は、このトンネルにまつわる恐ろしい話を知っている・・。」
ハヤト「ほぉ?・・・聞かせてくれ。」
役人 「わかりました・・。これは曽祖父が、私の幼い頃に語ってくれた話です・・・。」

役人は語り始めた・・・。

この旧道坂トンネルは、開通工事で多くの死者が出た。
だからこそ当然のように、“怖い話”が広まった。
それは、こういうものだ。
夜トンネルの出入り口に一人ずつ人間が立ち、明かりを持たずに壁を伝って歩いていく。するとその二人はトンネル内部ですれ違うことなく…出口に着く頃どちらか一人が姿を消してしまうというものだった。

役人 「そんな噂を信じていなかった曽祖父は、友人と2人でそれを実行したそうなんです・・・。」
ハヤト「ほぉ・・・。」
役人 「すると・・・その友人は消えてしまったそうなんです・・・。」
一同 「・・・・・」
役人 「そんな噂が後を絶たず・・・実際に行方不明になる人も数多くいたため、このトンネルは封鎖されたのだと・・・。」
村長 「バカ馬鹿しい!ここは新道の完成にい封鎖されただけの事!そんな話があってたまるか!」

村長がそう言うと、どこからともなく声がした…。

???「それなら、実際にやって確かめてみましょう!」
ハヤト「同感だ。試してみよう・・・・って」

「あぁぁぁああぁあああああああああ!!!!!!」

ハヤト「エ・・・エンっ!?どうしてここに!?」

突然割って入った声の主はエンだった!

村長 「なんだこの子供は!?」
ハヤト「いや…こんなやつ知りません…。」
村長 「!?今名前を言っていたではないか!?」
バン 「はははっつ!コイツは俺らの弟分。除霊屋見習いですよ!」
ハヤト「…バン…。」
村長 「そ・・そうか・・」
エン 「ハヤトさんバンさん…すいません!!やっぱり夜野さんが心配で…。」
ハヤト「お前…どうやってここまで…。」
エン 「内緒でブルバイソンの荷台に乗ってきちゃった…。」
ハヤト「・・・はぁぁぁ・・・。」

ハヤトは深いため息をついた。

バン 「はっはっは!やっぱりお前面白いヤツだな!登場のタイミングバッチリだ!」
エン 「そ・・そうですか!?」
バン 「おお!この勢いでお前の言う通り、その噂検証してみようじゃないか!!」
エン 「はい!やってみましょう!!」
ハヤト「くそっ・・・。しかたない、とにかくこの検証はかなり危険だ俺とバンでやる。エンはここで村長たちの事を見ていてくれ。」
エン「わ、分かりました…。」

そう言うと、ハヤトは一人トンネルの出口に向かい歩いて行った…。
バンは万が一に備え、役人に車の鍵を渡すと、トンネルの入り口でスタンバイした。

程なくして、バンのトランシーバーにハヤトからの連絡が入る。
トンネルの反対側に着いたようだ…。

バン「さて・・行くか・・」
エン「バンさん…気を付けてくださいね…。」
バン「ああ、大丈夫だ。俺たちを誰だと思ってる?」
エン「で、ですよね!だけど…気を付けて」
バン「おう…。」

そう言うと、トランシーバーで合図を出したバンは、トンネル入り口の壁に手を添えながら歩きだすのだった…。

ところがその時だった
村長 「どけ!!」
バン「!?」

突然村長がバンの肩を引っ張った。

村長「私がやる…。」
バン「!?」
役人「い、いけません村長!!」
村長「バカ者!そんな話ウソに決まってる!」
バン「いや、危険すぎる!」
村長「うるさい!いいから私に任せておけ!私が直々に確かめてやる。」
役人「村長!!」

全員の制止を無視し、村長は足早に、奥に向かって歩みを進めて行ってしまった。

バン 「ま、まずい!!」

バンは懐中電灯の明かりを頼りに、すかさず村長を追いかけた!!

タッタッタッ!!

トンネル内部に足音だけがコダマする・・・。

その途中、反対側からやって来たハヤトは、自分の横を走り抜けるバンを目撃した。

ハヤト「(・・・やっぱり、噂はあくまで噂だったか・・・。)」

トンネルの真相を確かめるためには別の方法を試すしかない・・・
そんな事を頭に浮かべながら、ハヤトはエン達が待つ出口へと到着した。

エン 「あ!ハヤトさん!」
ハヤト 「ふぅ・・どうやら噂は嘘のようだな・・。途中しっかりバンとすれ違ったぞ。」
役人 「えっ!?村長は!?」
ハヤト 「は?何言ってる?」
役人 「そ、村長がバンさんより前に入って行った筈ですよ!?」
ハヤト 「!?何だって!?」

するとその時、トンネルの向こう側から声がした!

バン「おーーーーい!!大変だ!!村長がいない!!!!」
一同 「!!??」

どうやら噂は本当だった・・・。

つづく!!