Now Loading...
新世紀陰陽伝セルガイア

第十二話~病院の闇~

前回のおさらい
邪気を放つトンネルに閉じ込められたスズネ達を救い出したナイトメアバスターズ。
今回も手柄を立てたのはエンであった。
ナイトメアバスターズへの加入を強く希望しているエンに、わずかながら光明の兆し。
しかしハヤトはエンに対し、未だに心を許さずにいた…。

第十二話~病院の闇~

◆陰陽庵

バン「悪いな、頼み事聞いてもらって。」
エン 「いえいえお安い御用です!ちゃんと取り付けておきました!」

エンは数日前、陰陽庵に新しい固定電話を取り付けた。
というのもここ最近の事…
魔物に関する事件が増え、知名度の高まったバスターズへの依頼の電話が後を絶たなかった。
仕事が増えたことにより収入が増えたことは喜ばしかった…。
しかしハヤトの呪術による“人々の記憶の消去”のが追いついていないことも事実である…。
超常現象を否定する人間からのクレームや、イタズラ電話も絶えなかった。
そしてある夜、電話越しの無礼極まりない発言に腹を立てたハヤトが、電話機の本体目掛けて受話器を叩きつけて壊してしまったのだ。

新しい電話機が届いた日、バスターズは遠方の依頼を片付ける準備をしていた。
そこへ都合よくエンが現れた。
バンはエンに対し、電話機を設置してから留守番をするよう頼んだ。
陰陽庵付近で依頼があれば、エンに任せようと思ったのだ
相変わらずエンを煙たがるハヤトに対しては、あくまでただ留守番を頼んでいるということにしておいた。

エンはバンからの頼みに、まるでナイトメアバスターズの一員になれた気がし、2人が帰るまでおとなしく留守番をしていた。

…そして設置した電話機が音を発する事のないまま時は過ぎ…深夜、2人が陰陽庵へと戻ったのだった。

バン 「で、どうだ?こっちでは何かあったか?」
エン 「いいえ大丈夫です!平和そのものでしたよ!」
ハヤト「それは…いいことだ…。」
エン 「あ!でも、今日ポストにこれが届きました!」

そう言うとエンは、届いた手紙を差し出した。

バン 「!!これは…依頼の手紙だな。」
ハヤト「…誰からだ?」
バン 「ああ…近所の病院の院長からみたいだな…。」

そこにはこんな事が書かれていた。

『最近私の病院内でたびたび不可解な事が起きています。夜の院内で誰もいないはずの病室から女性のすすり泣く声が聞こえてきたり、私が書き物をしていると突然天井から“手術用のメス”が落ちてきたりと、大変恐ろしい思いをしております。初めは疲れからくる幻聴かと思っておりましたが、最近は後者のようなことがあまりにも頻繁に起きるようになり心底肝を冷やしております。このままでは仕事に支障をきたしてしまうと感じ、ワラをもすがる気持ちでお手紙を・・・』

ハヤト「これは…完全に俺たちの仕事だな。」
バン 「そのようだ。」
ハヤト「よし…行くか。」

そう言うと、早速出かけようと腰を上げたハヤトに対し、バンが声をかけた。

バン「おい、またこいつは留守番か?」
ハヤト「…?当たり前だろ。」
エン「そう…ですよね…。」
バン「ハヤト…。今までのコイツの活躍見てるだろ?少しは協力してもらってもいいんじゃないか?」
エン「バンさん…。」
ハヤト「ダメだ…。」
バン「…相変わらず頑固だな…。」
ハヤト「そういうお前は何でそこまでコイツの肩を持つ?トラブルばっかり起こすコイツの…。」
バン「ハヤト…。コイツはお前以外の唯一の白毫使いだなんだぞ!しかもまだ若い…。しっかり指導していけば、必ず将来の希望になってくれると俺は思ってる…。」
ハヤト「…。」
バン「だから…そろそろ素直に仕事に同行させてやらないか?」
ハヤト「…。」

その言葉に、ハヤトは暫し押し黙った…。
そして、ハヤトの口から意外な言葉が発せられた。

ハヤト「分かった…。同行を認める。」
エンとバン「!?」

あまりにも意外な言葉に驚くエンとバン。
そして、エンはついにハヤトが認めてくれたことに対し高揚感を覚えた。
ところがハヤトの言葉の意味合いは、エンの期待とはズレたものだった。

ハヤト「ただし、それはコイツを鍛える為じゃない…。魔物と戦う過酷さをいやという程教えて、今度こそ諦めさせてやる…!!」
バン「なるほど…。そういうことか…。」
ハヤト「あと、コイツにもしものことがあったら、責任はお前が取れよ。」
バン「あい分かった。」

バンは少々がっかりした気分のエンの気持ちを察し、その肩をポンと叩くとこう呟いた。

バン「…さて、理由はどうあれ良かったな!エン!行くぞ…。」
エン「は、…はい!」

今宵はこうして、バスターズに同行することになるエンであった…。

◆病院 院長室

院長 「ありがとうございます、わざわざお越しいただいて・・・。」

院長室に通されたバスターズを、院長が直々に出迎えた。
彼は50代くらいの男性で、頭髪は白髪交じり。
目の下のクマからは、日頃の疲れが感じ取れる・・・。
無骨な容姿や声の低さも相まって、若干人を寄せ付けがたい雰囲気を醸し出している・・・。

ハヤト「・・・で?あの手紙に書いてあることは本当なのか。」
院長 「ええ、本当です。病院内で通常では考えられないような事態が度々起こっておりまして・・・。」
バン 「そうですか…。」
院長 「はい…。そこであなた方にお願いがあるのです。私の病院でいったい何が起きているのか、調査・解明してもらいたい…。」
ハヤト「もちろんだ。そのために来たんだからな。」
院長 「ありがとうございます…。礼金は弾みますよ。」
ハヤト「…。ところでアンタはこの超常現象の原因、何か心辺りはないのか?」
院長 「ど…どうしてそんな事を。」
ハヤト「いや、原因を突き止めない事には、解決策が見えないからな…。参考程度で構わない。何か心当たりは…?」
エン 「(なるほどね~。勉強になるなぁ…。メモメモ)」
院長 「そうですか・・・いや、特に心当たりは・・・ありません・・。」
バン 「それなら、まずは病院内の人間に聞き込みを行いたいんですが…どこかで時間を作って貰えませんか?」
院長 「・・・それは、“院内全員に”・・・という事ですか?」
ハヤト「もちろんだ・・。」
院長 「そ・・・それは困ります。」
バン 「どうしてです?」
院長 「こんな事が患者に知れ渡れば、病院の威信が失墜する可能性がある。…何とか、内々で事を済ませては頂けませんか・・・。」
ハヤト「それは…なかなか難しい事を言うな…。」
院長 「なら…ならこうしましょう!あなた方は患者として病院に潜伏してください。」
ハヤト「ほう…。」
院長 「そして、一般人として聞き込みを行ってください。部屋は用意しますので。」
バン 「そうですか…。ではよろしくお願いします!」
院長 「はい。(…まぁ、聞き込みでは何も掴めないと思いますがね・・・。)」
エン 「え?今なんか言いました?」
院長 「あ…いえいえ。…では、よろしくお願いします。私は過労という事で、しばらく休みを貰います。是非ともその間に、この病院の闇を祓っていただきたい。」
ハヤト「…了解だ。」

こうして翌日から、バスターズの“病院潜入作戦”が開始されるのだった…。

◆翌朝 病院 ロビー

ガヤガヤ

エン「うわ~凄い混んでますねぇ…。」

どうやらこの病院は評判がよく、訪れる患者は多いようだ。
朝早くから人がごった返していた。

ハヤト「…やはり、微弱だが確実に邪気を感じるな。」
エン 「…僕も…感じます…。」
バン 「しかも…魔物のようだな。」

確かに3人が感じているものは、微弱ではあるが魔物から発せられる邪気であった。
そしてバンの携帯に内蔵された探知機は、それが病院全体から発せられていることを示している。
恐らくこの病院内のどこかに潜んでいるのだろうが、居場所が特定できなかった…。
つまり魔物を出現させるためにも、やはり聞き込みは重要なのである。

今回の依頼で3人は、第三者から別人として認識されるアイテム“妖力増強陣羽織”を脱いでいた。
今回の潜伏任務には、その方が都合がよかったからだ。

ハヤト「よし、それじゃ俺は全身複雑骨折だ。」

その言葉通り、ハヤトは院長からもらった松葉杖を付き、手や足を包帯で覆い隠していた。

エン 「あ~これは重傷ですね…。」
ハヤト「……。…そしてバン、お前は肺炎だ。」
バン 「ゴホっ!了解・・・ゲ~ッホゲホ・・だ!」
エン 「バンさん迫真の演技ですね!」

2人とも、どこからどう見ても入院患者である。

エン 「ところで・・・僕はどうしましょう?」
ハヤト「あぁ、お前は、何も患ってないことにする。」
エン 「…え?」

何も聞かされていなかったエンは、ハヤト達のように準備してこなかった。
だからこそ不安だったのだが、ハヤトには考えがあったようだ。

ハヤト「説明するからよく聞けよ。」
エン 「は!はい!」

頷くと、エンはポケットから小さなノートを取り出した。

ハヤト「・・・ん?…何だそれ?」
エン 「あ、ノートです…。」
ハヤト「何でそんなもん。」
エン 「いや…僕あたま悪いから、メモしておかないと…。」
ハヤト「…ほう。…それはなかなか感心だな。じゃ、しっかりメモっとけよ。」
エン 「分かりました!!」

そして、ハヤトはエンに作戦を伝え始めた。

ハヤト「いいか、お前はバンの息子で、お見舞いに来たってことにする。」
エン 「(バンさんの息子で、お見舞いに来た・・っと。)そっか!別に患者である必要はないですもんね!」
バン 「ちょっと待て何で俺なんだよ!?別にお前の息子ってことでもいいだろ?」
ハヤト「…ヤダよこんな息子。」
エン 「むぅぅ…。」
ハヤト「それに仕事の最中に俺の部屋でウロチョロされると気が散るしな。」
エン 「…。」
バン 「あいよ…。じゃぁエン、今日から俺はお前の父ちゃんだ!」
エン 「わ、分かりました。(バンさんが…お父さん…。)僕、父さんがいないからうまく演技できるかな…。」
ハヤト「ま、とにかく、俺たちは部屋で診察に来る看護師に聞き込みを行うから、お前は院内の患者達にに聞きこんでくれ。」
エン 「(僕は患者さんへの聞き込み・・っと。)・・・そっか!この立場なら自由に歩き回れますもんね。・・・でも、どんな風に聴けばいいですか?」
ハヤト「あぁ、お前子供だし、割とストレートに聞いてもいいんじゃないか?」
エン 「ストレートって、どう…?」
ハヤト「『学校の宿題で、七不思議を集めてる、この病院にも無いか…』って感じで。」
エン 「さすがハヤトさん!それできます!頭いい!!」
ハヤト「…おだてても何も出ないぞ。とにかくお前は情報を集めて、バンに報告してくれ。」
エン 「(バンさんに報告・・・っと。)了解です!!」

・・
・・・・
・・・・・

そんなこんなで3人の聞き込み調査が始まった。

◆潜入~ハヤトの場合~

ハヤトに用意された病室は個室だった。
周りに他の患者がいないため、聞き込みは看護師に絞られた。
ハヤトは何度も訪れる看護師に聞き込んだ。
・・・しかし、病院内で怪現象が起きているという情報は、一切耳にしなかった。

ハヤト「(おかしい・・・院長が嘘をついているのか?…いや、ついたところでメリットは無いはず・・・。どういう事だ??)」

そんな疑問を抱いていると、再び部屋に一人の女性看護師が訪れた・・。

看護師「ど…どうです?お体の具合は?」
ハヤト「あぁ、大分痛むが大事故だったんだ、致し方ない。」
看護師「病院を移って来たと伺ったんですが…何かあったんですか?」
ハヤト「いやぁ、ここの病院は腕がいいと評判だからな。ヤブ医者から逃げて来たんだ。」
看護師「そ、そうですか。」
ハヤト「ところで・・・ちょっと聞きたいんだが・・・」
看護師「!!」

ハヤトが幾度となくしてきた質問を、この看護師にも行おうと口を開いた時だった。
突然彼女は赤面すると、慌てた様子で喋り出した。

看護師「あ、あたしっ・・・!!」
『彼氏なんていません!!』
ハヤト「はぁっ!?」
看護師「だからあたし、あの、えっと、お付き合いしてもいいですよ!っていうか付き合ってください!もうあなたの事しか考えられません!!」
ハヤト「な!なに言ってる!?」

その時だった!
突然部屋の扉がとてつもない勢い開かれ、そこから幾人もの女性看護師がなだれ込んできた!!

「ちょっと!!抜け駆けは許さないわよ!!」
「そうよ!!この人は渡さない!!」
「なによ!!わたしが先に目を付けたんだからね!!」

しかも突然喧嘩を始めたではないか!!

ハヤト「ちょっと待ってくれ!!いったい何だこれは!?」
看護師「あの・・!実は“超イケメン”の患者が入院してるって噂になってて、あたしも来てみたら超イケメンだったからもう居てもたってもいられずに告白しちゃいました!キャー!!」

「は!?アンタ告ったの!?」
「許さない!!私が告白しようと思ってたのに!!」
「いいや私よ!!」
「ちょっとこの人に聞いて見ましょう!!」

一同「この中で、誰が一番好きですか!?」

ハヤト「はぁっ!?」

「ああ、もういい、答えなくても、この人は私が診るから!!」
「ちょっと!私が診る!!」
「私よ!!」

ハヤト「ちょっと!痛いいたい!!やめてくれ!!」

看護師たちはハヤトの体に群がって来た。

「キャー!!痛がる顔もカッコいい!!」
「ねぇ~どこが痛い~?」
「こんなに包帯がぐるぐる巻きじゃ、大変でしょ~♪」
「お小水・・・取って あ・げ・る・☆」

ハヤト「やめろ・・・やめろ・・・」

『やめてくれぇぇぇぇぇぇええええ!!!!』

こうしてハヤトは絶体絶命のピンチを迎えていた。

◆潜入~エンの場合~

エン「(いや~広いな~・・・。人もいっぱいで誰から聞いていいか分からないや…。)」

そんな事を呟きながら、エンは院内を歩き回っていた。

・・・するとエンの目に、手すりに掴まりながらヨロヨロと歩く一人の女性が映り込んだ。
恐らくリハビリ中で退院間近なのだろう。
ということは恐らく、しばらくこの病院で入院していたはず。
そんな人なら何か知っているであろうと思い、エンは声を掛けた。

エン「あの、ちょっといいですか??」
女性「ん?どうしたの?だれかのお見舞いに来たの?」
エン「あ!そうなんです!父さんが入院してて、そのお見舞いに!」
女性「そう!それは感心ね!・・・もしかして、部屋が分からないの??」
エン「あ!いや、違うんです!実はお見舞いのついでに学校の宿題をしようかなって思って。」
女性「宿題?」
エン「はい!実は“自分新聞作り”って言うのがあって、ボク怖い話が好きだから、病院の七不思議でも集めてみようかなって思って聞いて回ってるんです!」
女性「そうなの。」
エン「はい!あの・・この病院で、何か怖い話とかってありませんか??」
女性「う~ん・・・残念だけど私は知らないな~。」
エン「そ、そうですか・・・。」
女性「私、長いことこの病院にいるけど、そんな話聞いたことないよ。」
エン「・・・。」
女性「それに他の人からも、多分そんな話は聞けないんじゃないかな?」
エン「え?・・どうしてですか?」
女性「だって、この病院の院長先生や看護師さんとってもいい人だから、診察も丁寧で評判もいいし。・・・この病院で最期を迎える人も、残された家族も、みんな満足するって噂だよ?」
エン「そうですか・・・。ありがとうございます。」

的が外れて、エンは肩を落とした。
しかし、この病院のどこかから確実に魔物の気を感じている・・・。
聞き込みでは何も掴めそうにないと感じ、エンは自らの足で病院内の怪しい個所を探索してみようと思い立った。

エン「ところでお姉さん!」
女性「なぁに?」
エン「この病院の“霊安室”ってどこにありますか?」
女性「え?物好きな子ね。・・・それならエレベーターで地下まで行って、一番奥の部屋だったと思うよ。」
エン「そっか!ありがとう!!」

そういうとエンは、言われた通りにエレベーターに向かった。
そしてそれを見送る女性がふと自分の足元に目をやると、落し物がある事に気が付いた。
女性「これ・・さっきの子のやつかな??」

それは、エンのノートだった。
女性はエンの後を、おぼつかない足取りで追いかけた。

◆地下 霊安室

薄暗い地下室は、恐ろしい雰囲気を醸し出していた。
しかし、幽霊を怖がらないエンは、気にせずズカズカとその廊下を進んで行った。

エン「(ここに魔物がいたら、僕がそのまま退治してやる…。そうすれば今度こそ、ハヤトさんもナイバスへの入隊を認めてくれるはず…!)」

そんな事を言いながら霊安室の前に辿り着いたエンは、ドアノブを掴んで回した。

ギィィ・・・

鈍い音を響かせながら扉が開き、エンは中へと入って行った。

エン「おい魔物!!居るんだろ出てこい!!僕が相手だ!!」

そう訴えてみるも、部屋は静まり返り何の反応もない・・・。

エン「…ダメだ…見当はずれか…?」

そう呟いたエンの目に、あるものが映り込んだ。

エン「(あれ?何だこれ??)」

霊安室のベッドと床の隙間から、何か白い紙のような物の一部が覗いていた。
エンはベッドのシーツ捲ると、スルスルとそこへ潜り込んで行った・・・。

時同じくして、先ほどの女性も霊安室付近へとたどり着いていた。

女性「やっぱり霊安室の近くって、なんだか怖いわね・・。」

そう言いながらも薄暗い廊下をヨロヨロと歩いて行った。
すると、霊安室に入って行くエンの姿を目撃した。

女性「あ!さっきの子!」

そういうと女性はない足取りを速め、霊安室の扉に手をやった。

ギィィィ・・・

女性「ねーぇ…落し物だよ~?」

そう言って部屋を覗いた彼女は驚いた。
先ほどの少年がどこにもいないのである!

女性「え・・・確かにここに入ったはず・・・。」

女性は恐る恐る、もう一度声を発した。

女性「おーい~?いるよねぇ…?返事してよ~??」

その時だった。

「みつけた・・・」

女性「え・・?」

どこからともなく声が聞こえ始めた。

「みつ・・けた・・・」

女性「え・・なに??・・・ちょっと・・やめてよ・・・」

女性が恐怖したその時!!
『凄いもの見つけたぁぁああ!!!!!』

女性「キャァァァーー!!!!!!!!!!!!!!」

謎の声と共に、ベッドの下から白い人影が飛び出してきた!!
女性はあまりの恐怖に気を失ってしまうのだった…。

つづく