Now Loading...
新世紀陰陽伝セルガイア

NEW 第二十話~死ビトの誘い~

前回のおさらい
 バンに対しJR矢部駅に隣接する踏切りで多発する死亡事故の件を伝えたエンは、バンと共に早速その現場へと急行する。そこで、以前死亡したと思われる女性の霊とコンタクトを取ることに成功する。言葉少なげに語るその霊の情報からはあまり事件の全容が見えてこなかったエン。残念そうにバンに語るのだったが、バン曰く「全容がつかめてきた、恐らく女の霊は依頼の男の婚約者だろう…」とのことだった。はたしてこの事件との繋がりは…。そして、裏で糸を引いていると思われる“織戸幸愛会”の企みとは…。

第二十話~死ビトの誘い~

◆その夜・ブルバイソン車中
 夜遅く、人通りもまばらになってきた。そんな中、ブルバイソンの車中から男の家の扉を固唾をのんで見守る二人。男はいったいいつになれば外へと姿を見せるのだろうか…。部屋の扉は一向に動くことのないまま、時間だけが瞬く間に過ぎ去っていく…。車内には、エンがボリボリとせんべいをかみ砕く音だけが響いていた。
 あまりにも動きがないため暇を持て余したエンはバンに対し、“見えてきた”という事件の全容を確かめてみることにした。
エン 「バンさん、どうしてあの男の人…ヒデキさん…でしたっけ?命を落としかねないんです?」
バン 「あぁ、俺の推理が正しければ夕方お前に話した通り、お前が話した女性の霊は恐らく男の婚約者だ。」
エン 「…。」
バン 「そして、お前の話が正しければあの踏切りで立て続けに亡くなった人間は皆“幸愛会”のメンバーなんだよな。」
エン 「あ!」
バン 「おそらく男の婚約者も信者だったんだろう。“幸愛会”の狙いが何なのかは分からないが、恐らくあの男の命も狙われているに違いない…。」
エン 「確かに…そうですね!」
バン 「そして、更に俺の推理が正しければ、男はどこかのタイミングであの踏切りに向かうだろう…。」
エン 「ど、どうしてです。」
バン 「理由はさておきあの踏切り…“幸愛会”の信者を誘い殺してるんじゃないだろうか…。」
エン 「!?」
 エンが驚愕したその時だった。
 ガチャリ…
 ついに監視していた部屋の扉が開き、いよいよ男が外出した!
エン 「バンさん!」
バン 「おう!」
二人は瞬間的に顔を見合わせると、すぐさま車を後にし男を尾行した…。
◆道中
 男は着の身着のままといった装いで、暗い夜道の中おぼつかない足取りで歩みを進めていた…。男に気づかれぬよう距離を保ちつつ尾行する二人。なんだか本当に探偵になった気分で、いつもと違う高揚感に浮足立つエン。思わず口元がニヤつき、変な声が出そうになるのを必死にこらえつつ、バンにならうように男の後をつけて行った。そして、案の定男は駅の方向へと向かっている…。バンが物陰から「やはりな…」と小声を漏らしつつ、再び男の後を追って線路沿いの道を歩いて行った…。夜も大分遅い時間になり、時々過ぎていく電車の音だけが夜の闇を包み込んでいた…。
◆JR矢部駅踏切り
 いよいよ矢部駅に隣接する踏切りにたどり着く男。男はその踏切りの入り口で立ち止まると、暫くその場に立ち尽くしている…。いったい何をしているのかと、エンとバンは男の様子を少し離れた場所から観察していた…。
 そして、それは突然の事だった。
ヒデキ 「神様お願だ!どうか彼女に会わせてくれよ!カナコに会わせてくれよ!俺は言われた通りにしてるんだ!こんなにもこんなにも毎日まいにち祈りをささげてるんだ!カナコを…カナコを返してくれよ!!!!」
二人 「!?」
 男はいきなりそう叫びながら地面にひれ伏すと、何度も何度も踏切りに向かって頭を下げ始めたではないか!
エン 「バンさん、あの人…普通じゃない…。」
 そして男は叫びながら何度も頭を下げるだけでなく、いよいよその頭を地面に打ち付け始めた!そしてその額には、いよいよ血が滲み始める程だった。
バン 「あぁ、正気の沙汰とは思えんな…。」
 こうして二人がいよいよ男の奇行を止めに入ろうと地面を蹴ったその時だった!
エン 「バンさん待って!あれ!」
バン 「!?」
 踏切内に不穏な空気を感じ取ったエンがバンを制止し、その場所に目を凝らした!すると、踏切内の中心部の上空が黒い渦を巻き、その中からぼんやりとエンが昼間目撃したと思われる女性の霊が出現した。
エン 「あれは!」
 そして、暫くその光景を見ていると、その女性の霊を中心に多くの霊が姿を見せ始めた…。おそらくここで起きた死亡事故の犠牲者達の霊であろう。重たい空気が渦巻く中、中心の女性の霊が男に向かって手招きを始めたではないか!
ヒデキ 「か、カナコ…!」
 男は女性の霊に向かって涙を流しながら、嬉しそうに線路内に立ち入って行った。そしてその直後、バンあることを口にした。
バン 「おいエン、あれが男の婚約者か…?」
エン 「はい!そうです!」
 しかし、バンの言葉が表す裏の意味を察したエンが、すぐさまバンに返答した。
エン 「ちょっと待ってください…。霊がバンさんにも見えてるってことは…。あれは魔物!?」
 エンが察した通りだった!それはヒデキの婚約者の姿を模した魔物であり、本当の彼女の霊を隠すように、多くの陰陽が取り囲んでいた!そして、それはエンにしか見えていないようだった。涙を流しながら必死に「来ないで」と訴える女性の霊は怨霊たちに姿を隠され、男は魔物が化けていると思われる女の手招きに誘われるように、ゆっくりと線路内に立ち入って行く…。そしてその時だった!
 カーンカーンカーン
 男が踏切りの中心部にたどり着いたとき、ついに遮断機が電車の到来を告げ始めた!!
エン 「マズい!」
 男が魔物に騙され誘い込まれているということを悟ったエンとバンは、男を連れ戻すために線路内へと駆け込んだ!
 カーンカーンカーンカーン…列車が近づく中いよいよ男に接触する二人。
バン 「おい!何やってる!」
エン 「電車が来てます!早くここから出ましょう!」
 そういうと二人は男を羽交い絞めにすると、線路内から脱出すべく男を誘導しようとした!…しかし、男は渾身の力を込めて二人の意向を拒絶した!
ヒデキ 「やめろ!やっと彼女に会えたんだ!やめろ!やめろ!!」
 そんな男を必死に線路内から脱出させようと力を込める二人!
 カーンカーンカーンカーン
 しかし電車は徐々に近づいてくる…!そしてついに遮断機も降りてしまった!バンは咄嗟にエンに向かって叫ぶ!
バン 「エン!緊急停止ボタンだ!」
 力の強いバンは少しでも線路の中心から男を遠ざけようと必死になり、その間にエンは踏切りにある緊急停止ボタンを押すよう指示を出した!
エン 「は、はい!!『開眼っ!!』」
 そう言うとエンはセルガイアを発動させ、跳躍の能力で力強く地面を蹴ると、緊急停止ボタンまで一気に跳んだ!!
 …ところがだった…。
 バチンっ!!!
エン 「えっ!?」
 なんとエンは見えない壁のようなものに弾かれ、遮断機より外に出ることができずはじき返されてしまったではないか!
エン 「くそっ!」
 地面に体を打ち付けてしまったエンだったが、痛みをこらえてすぐさま再び遮断機に向かって跳躍した!
 バチン!
エン 「!!」
 しかし、やはり反対側を試してもやはり踏切りから出られない!その光景を見たバンも遮断機に向かって行くと外に出ようと試みた。しかし、どうやら踏切内に結界が張られているようで、どんなに力強く叩いてもまるで見えない壁に遮れれているかの如く、踏切内から出ることができなかった!更に今は終電間際の時間帯。利用客の少ない駅の踏切り付近には運悪く人がいない!…そして…!
 ファーン!!キキーーーーーーーッツ
 いよいよ近づいてきた列車が線路内の3人に気が付くと、警笛を鳴らしながらブレーキをかけた!絶体絶命かと思われたが、バンはすぐさまエンに別の指示を飛ばす!
バン 「エン!遮断機を壊せ!!」
エンは「その手があったか」と、遮断機に向かって攻撃を加えようとした!だが時すでに遅し!列車はもう三人の目前へと迫っていた!!!

つづく!